今日もお越し頂きありがとうございました。

足の痛みについて書いていきたいと思います。

足って立っているとき、すごく負担がかかりますよね。

歩くときも負担がかかる。

足が痛いだけで、憂鬱になりますよね。

足が痛い場合、膝が痛いのか、足首なのか、足の裏なのか色々な部分の方がいらっしゃいます。

中には、指先から股関節までじんわりしびれている方も。

整体で出来ることというのは、「関節の動きを観察」「実際に痛い部分と、触ってみて痛い部分のチェック」です。

これを確かめて体を調整します。

関節の動きっていうのは、スムーズでないと体を痛める根源になります。

触ってみて痛い部分っていうのは、痛みの元となっている部分とみます。

こういう部分を調節することで、体は元気になっていくのです。

体を痛めないためで出来ること。

歩き方を変えることが大切だと思います。

歩くときに、膝がぐらぐらしてないですか?

歩くときに、内またやガニ股になっていないですか?

内また・がに股ともに原因は、足のネジレです。

膝のぐらぐらも、足のネジレが原因です。

なので、歩き方を変えてみましょう。

まずは膝の向きに注目。

膝がまっすぐ前に向いているように歩いてみましょう。

やってみると結構難しいかもしれません。

でも、ゆっくりでいいです。

気を付けるだけでも、足の痛み防止につながります。

すでに足が痛いんですという方は、無理をしないでください。

整形外科に相談するか、整形外科で様子をみましょうと言われたときは、ぜひ当院まで。

お気軽にご予約お願いします。