院長紹介

末長くお付き合いお願いいたします

はじめまして

野口気功整体院の野口修司です

ここでは僕の事について紹介していきます。
よろしくお願いしします。

野口修司

のぐちしゅうじ

1980年12月1日生・いて座・O型
職業:代表施術者・体操指導者
前職:大手青果販売会社、営業部
資格:ジュニア野菜ソムリエ
生体血液画像分析師etc.

当院の主な整体の技法

気功整体術
とろける整体・進化体操
GP法(エキスパートコース修了)

趣味は、読書、ボランティア。

物語が好きで、マンガも好きです。最近は「シュート」にはまっています。
色々な本をもっともっと読みたくて、「速読教室」にも通ってました。

ボランティアは、友人とグループを作って愛知の西尾張地区を中心に活動し、企画・運営までしています。

好きな食べ物は、フライドポテト。
お酒はたしなむ程度なんですが、おつまみ系がとまらないんです。

嫌いなものは、ケーキ・あんこ。実は大好きなんですが、体質改善の 為に控えている最中です。なので、みるのも・・・・(;’∀’)。

この仕事を選んだきっかけ

会社員時代に体調がすぐれなかったことから、鍼灸・マッサージ・整体・カイロプラクティックなどの施術院やカウンセリング・自己啓発などに色々なところにお世話になりました。

色々やってみていきついたのが気功整体。
気功整体では、どうしたら楽に動けるか。どうしたら楽に過ごせるか。どうしたら楽に生きていけるのか。ひたすら学びました。
その結果、大切なのはカラダということを実感しました。

カラダが元気なら、困難なことも乗り越えられる。
カラダが元気なら、失敗しても立ち直る気力が出てくる。

カラダが変わると世界が変わります。
「疲れにくいカラダになってすべての人が全力で活躍できる社会を作る」を目標に活動しています。

私が開院した理由

のんびりした幼少期

愛知県愛西市で生まれました。
保育園まで勝幡保育園にお世話になりました。
小さいながらも、銀杏拾いした記憶があります。

その後、高校まで三重県鈴鹿市で過ごしました。
大学に進学。帝京大学文学部社会学科でした。
「一人暮らし、東京、そこそこ有名」そんな感じで決めました。
飲食店やチラシ配りのバイトをしたり、飲み会の幹事や旅行に行ったり。冬にはスノーボードに行ったり。ごく普通の大学生でした。

青果販売店に就職

地元鈴鹿市の隣町四日市市で前職の青果販売員をしました。
人と話すのが好きで、じっとしているより体を動かす方が好きで、すっごく楽しく仕事していました。

そのうち「ノルマ」「営業成績」「売上」という責任を背負う立場になり、作対比(前年比)と戦うようになりました。
無我夢中で働きました。

朝6時過ぎに家を出て夜10時過ぎに家に帰る。
誰よりも早く誰よりも遅く。
上司に言われるままに全力で働きました。

生まれて初めて腰を痛める

そんな時、重いメロンの箱を急ぐあまり5箱分くらい一気にもった事が原因で腰を痛めました。
2ヶ月くらい無理をしてシップでごまかしながら働きました。
「どうしたら治りますか?」って思って薬屋さんの店員さんにきいたら「整体いったらいいよ」って教えてくれました。

はじめて整体に触れる

はじめて整体院へ行きました。
はじめていった整体院は看板も予約さえもない整体院でした。
そこで腰の痛みがなくなったんです。
手足をグルグル動かして最後にバキバキ骨を鳴らす。
本当に40分~50分くらいでなくなったんです。
「これはすごいっ」て感動しました。
2ヶ月悩んだのに1回でこんなに楽になるのって。
5回くらい通ったんですが、いつも満員でお客さんでいっぱいでした。

働きながら整体師養成学校へ

「もっと楽になりたい」「整体の原理を知れば楽になるかも」
いつの間にか整体師になりたいって思うようになり会社員をしながら整体学校へ。

肘を使ってもみほぐしながら体を整えるリラクゼーション要素が売りの整体方法でした。
会社のお休みの日に整体学校に通いながら卒業。退職。

最後の方は、最後の難関整体レポート作製で仕事の後も調べ物していたりしていました。
体力も気力も限界すれすれで資格をとり、開業準備へ。

開業しようと決めたんですが、心が。

開業しますって勢いでやめた会社。
いざ開業しようとする時には、心も体も限界に来ていました。
勢いをつけて開業しようと思っても、やる気が起きない。

心の中は不安と恐怖でいっぱいに。
疲れ切った体。燃え尽きた心の中。

少しはあった自信も、モニター施術であっけなく崩れ落ち・・・。
3ヶ月ひきこもってYOUTOBE(動画サイト)で幽遊白書(アニメ)を1話から最終話まで見て過ごしました。

氣功整体に出会う。

このままではいけないと思い、自己啓発セミナーへ参加するもあまりなじめず。伊勢にある健康道場の合宿へ参加しました。
そこで出会ったのが気功整体術とセルフメンテナンスでした。

いい整体師になるために必要なことはなんだと思いますか?
答えは、「自分自身が、いいカラダになる」です。

やり方と考え方を徹底的に教わりました。
カラダをゆがみがなくなると、楽に動けるという事実。
チカラの入りすぎが原因でゆがむカラダ。
動き方の癖が原因でおこるチカラのバランスの崩れ。

やり方は、シンプル。
正しい姿勢で正しく動こう。
整体でする時は、
正しい姿勢になるように手足を動かしてバランスを整えよう。
でした。

人は正しい姿勢で正しく動くとエネルギーがわいてくる。
エネルギーでいっぱいのカラダで触れるから相手のカラダの芯まで整うんだよって。

もっともっと知りたい。楽になりたい。

いいカラダになるために、毎日教わったセルフケアをしました。
振り子の原理を利用した体操から円の動きを元にした調整法などを中心にしました。
呼吸法や瞑想法もあわせてしました。

やっているうちに、疲れにくくなりました。
施術もうまくいようになりました。
以前は1人整体したら疲れていたはずなのに10人くらい連続でしても耐えられるようになりました。
不安でいっぱいだった心も次第に気にならなくなりました。

以前はどうしてもつらかった正しい姿勢が楽に出来るようになりました。
整った体って楽なんです
やる気が起きない時も心が苦しいときも、カラダがゆがんでいます。
カラダに痛みやしびれがある時も、カラダがゆがんでいます。

いいカラダになてみると、納得。
伊勢の健康道場へ入門して住み込みで学ばせてもらってわかったことです。

最初はまったくわかりませんでした。

道場では、1年学びました。
瞑想法、呼吸法、施術方法、自己鍛錬法色々教わりました。
どれもはじめての経験で最初は注意ばかり。
出来ない自分が悔しくて悔しくて、ひそかに自主練習。
でもダメでした。

姿勢が変わったことを指摘され実感

それなりに一生懸命、力を抜く運動を始めて3ヶ月。
友人と久しぶりの飲み会をしました。
その時「変わったね。」っていわれました。
なんか姿勢よくなったねって。
その晩、鏡で自分の姿勢をチェック。
自分でも気が付かないうちに姿勢が良くなってたんです。

痛みや苦しみの原因の考え方

痛みを感じている時や、苦しさを感じている時、
体のどこかに力が入っています。
力が入るとカラダのバランスが崩れるます
崩れると関節などの動きが悪くなります。
動きにくくなったカラダを動かそうとするとほかの筋肉に力が入る。
そうすると、カラダに痛みが出てくる。

痛みや苦しみを感じる前に
カラダのバランスを整えることが大切。
バランスを整える方法はコツがある。
自分でやる方法と整体をやってもらう方法は似ている。

特に自分でやる方法は短時間でいいからコツコツすることがポイント。
その日の疲れは、その日のうちに自分で解消がおススメ。
たまに、痛いところがなくても整体に来てどうなのかチェックしてもらうといいですね。

卒業。愛西市で野口気功整体院を開く

フリーマーケットやイベントやボランティアなどで、実践を積みました。道場の学び仲間と一緒に道場内で整体院を開業させていただきました。そして、伊勢の健康道場を卒業。
野口気功整体院を開院。現在に至る。

カラダが変われば世界が変わる

青果販売員としてサラリーマンをしていた当時、「力いっぱい」「精一杯」「頑張る」っていう事がすごく美徳と思っていました。

でも、同時に凄く辛くて逃げ出したくて苦しくて。
力を入れてやればやるほど、なんかうまくいかない。
一生懸命限界までやってるのに誰も認めてもらえない。
頑張った分だけ、増える責任と仕事。
年齢が増えていくたびに、遅くなる回復のスピード。
衰える体力。

気功整体を学んで感じたことは、
「カラダが変われば世界が変わる」ていうこと。
頑張らなくちゃ動かないカラダから、軽々動くカラダへ。
年齢が増えるたびに衰えるカラダも、動き方が変わるだけで楽になる。

増えた責任と仕事も、楽々とこなせる。
すべてはカラダのことを知っているか知らないか。
カラダのケアをしているか。していないか。
の違いだけなんです。

今後の目標。

「一人ひとりが、疲れにくいカラダになってすべての人が全力で活躍できる社会にする」です。

整体という概念は、筋肉の張力を均等にして骨格的に整えることでカラダを動きやすくしてし血流改善。
自然治癒力アップさせて元気になろうっていう健康法です。
気功整体を通して、こんな社会が実現したらいいなと思います。

整体教室では、自分で自分の健康を調節するセルフケア(自分を整体)をお伝えしています。
詳しくは整体教室ブログ

「人が好き」「体を動かすのが好き」

サラリーマン時代もそう、今もそう。
人が好きで体を動かすのが好き。

体が楽になると、体を動かしたくて仕方なくなる。
体が動くと、なんか楽しくなる。
みんなが楽しいとやっぱりうれしい。

そんな初心を忘れずに、
「ご縁」と「ご恩」を大事に。
目の前の「人」「もの」「事」を大切に。
日々、あなたとともに歩んでいきます。

続きは、
愛知県愛西市千引町の野口気功整体院で作ります。
お気軽に相談お願いします。

長文読んでくださりありがとうございました。