肩甲骨の痛みでお悩みのあなたへ

ご覧いただきありがとうございます。
肩甲骨の痛みに対しての考え方をまとめてみました。

ご縁に感謝です。

 野口気功整体院野口修司です。

あなたは、どんな「肩甲骨の痛み」でお悩みですか?

カラダに疲れはたまっていませんか?

動かすとパキパキ音がする
寝ても疲れがとれない
腕が動かしにくい
etc

お電話の場合は 0567-97-3585 まで
「ホームページをみて・・・」とご連絡くださいませ。

肩甲骨の痛みの原因は?

肩甲骨というのは肩の上に乗っかっている骨になります。
ものすごく動くはずなのですが、スポーツとか以外では日常ではそんなに動かすことがない関節です。
大きく動かすことが大事になります。
人は疲れがたまってくると大きく動かすことが出来なくなります。
この関節は、骨盤の動きと繋がっているといわれています。
骨盤の開く閉じるの動きがスムーズにいかない時に特に痛みとして出てきます。
その他にも、腕の疲れ具合とか背中のハリ具合も関係があります。

気功整体で出来ることは?

体のこりをゆるめ骨格を整えます。
肩甲骨が痛い人は、体の中のバランスが崩れている方が多いです。
特に骨盤に問題がある方が多いので、ゆがみだけでなく開閉具合までしっかりと調整します。
また指先や肘などに疲れがたまっている方もいますので、じっくり整えます。
痛みなど自覚がない方も、肩甲骨の調整を行うとすごく体が軽くなったといわれます。
それだけ体の中で影響が強い部分なのです。

肩についてのブログ記事も参考にどうぞ。

 

まずは「セルフケア」をしてみましょう。

肩を動かすのがポイントです。

肩をぐるぐる回したり、バンザイして伸びをしてみたり、横に倒してみたりしてみましょう。
腰に関係があるので、少し歩幅を広めに歩いてみるのもおススメです。
動かす時に体のどこかに痛みが走るのはやり過ぎですので、無理のない範囲で行いましょう。
気持ちいいぐらいで取り組んでもらえるといいと思います。

ブログでもセルフケアについて色々まとめてあります。参考にしていただけたら嬉しいです。

お電話の場合は 0567-97-3585 まで
「ホームページをみて・・・」とご連絡くださいませ。

 

 

野口気功整体院の施術方針

【理念】

目の前の「ひと」「もの」「こと」を大切に「ココロ」を込めて活動し、
カラダが楽になることをお伝えして元気に動ける人を増やす。

【コンセプト】

あなたが普段の生活を過ごす中で「疲れにくいカラダ」を手に入れるところまでサポートする。

【すること】

リセット   骨格のゆがみを整える
リフレッシュ 筋肉のバランスを均等にする
リラックス  コリによる動作のかたよりをなくす

【そのために】

ステップ① まず今ある痛みをとっていき
ステップ② 痛みのないカラダになり
ステップ③ 痛みがでそうになっても早めに気が付きケア
ステップ④ 定期的な最低限のケアで維持

今ある痛みをただ取るだけでなく、これからも継続的に痛みのでにくいカラダになり、
疲れがたまっても痛みになる前の自分で気が付いてケアできるようになり、
更に「疲れにくいカラダ」になることを目指しています。

こんな方がお越しになっています。

・痛い部分やしびれがあってお困りの方
・毎日を元気ですごすためにカラダの定期チェック
・出張や家事や育児で忙しい方のリフレッシュ
・お医者さんで様子をみましょうと言われた方
・カラダのどこかの動きが気になる方
・人間関係やストレスなどでたまりすぎたた疲れの解消 etc.

こんな方は他の施術院をおススメしています。

・揉みほぐすリラクゼーションがお好きな方
・痛みや辛さを1回で何とかしたい方
・骨をバキバキするような刺激がある施術が好きな方

お電話の場合は 0567-97-3585 まで
「ホームページをみて・・・」とご連絡くださいませ。

当院では、刺激が少ない整体方法となっています。
数回繰り返すことで効果が倍増する整体になっています。
刺激の強い施術がお好みの方は他の整体院へよろしく願いします。

あなたの「痛み」「辛さ」「苦しさ」は、長年頑張って生きてきた証です。
頑張るっていう事は、力が入る事。
力が入っているいうのは、ホースがねじれて水の勢いがなくなっているのと同じ状態です。
血管がゆがんで血流が悪くなっている状態です。

カラダの気の流れとゆがみを整えることで体のすみずみまで血流が良くなるようにお手伝いします。

あなたの長年の頑張りからくる「痛み」「苦しみ」の解決は、残念ながら「すぐに」っていうわけにはいきません。

急にランニング(激しい運動)とかをすると後日筋肉痛が起こる、
準備体操をしないで体育の授業に望むとケガをする。
じっくりコツコツ、あなたが本当に元気になるまでお手伝いいたします。
一緒にトコトン、一緒にコツコツ元気になりましょう。