膝の痛みでお悩みのあなたへ

膝の痛みに対しての考え方をまとめてみました。

ご縁に感謝です。

 野口気功整体院野口修司です。

あなたは、どんな「膝の痛み」でお悩みですか?

カラダに疲れはたまっていませんか?

膝を曲げるとパキパキする
階段の上り下りがツライ
じっとしていても膝うずく
仰向けに寝た時に膝が伸びきらない
etc

お電話の場合は 0567-97-3585 まで
「ホームページをみて・・・」とご連絡くださいませ。

膝の痛みの原因は?

膝の痛みの原因は、長年の歩き方の癖にあると考えます。
「どんなスポーツを経験してきたのか。」「どんな仕事をしているのか。」によって体の中の筋肉量に差が出てきて、それが癖に繋がります。
まっすぐ歩いた時、膝はどこ向いていますか
膝が内側に向いている。外側に向いている。左右フラフラする。
これが膝を痛める癖になります。
まっすぐでない状態が続くと膝関節に負担がかかり痛みに繋がります。

歩き方が少し変だなと感じる方、歩いてみて膝の動き方が変だなと思った方は、早めに体の調整を行うのがおススメです。

気功整体で出来ることは?

整体で出来ることは膝関節の調整です。
まずはゆがみの原因となる足全体の緊張をゆるめ均等に。
その後、膝関節のねじれを調整します。
体の不調の特に下半身は、骨盤と関係が深いので骨盤調整
歩くのに大事な足首の調整を行います。
基本的に、歩き方がきれいになればOKです。
膝は、どのように動くかが重要になりますので、しばらくは体をひねらないように動くことを気を付けていただきます。
数回経過をみて、ズレなくなれば大丈夫です。膝についてはコチラも参考にどうぞ。

まずは「セルフケア」をしてみましょう。

膝が痛い方におススメなのが、少し大股で歩くです。
体の中に疲れがたまったり、姿勢が悪くなったり、気分が乗らなくなったりすると、歩幅は自然に狭くなります。
狭い歩幅でいると、片寄った筋肉で歩くことに繋がりますのでゆがみがひどくなります。
なので、いつもより大股で歩きましょう。
いつもより1センチくらいでOKです。
足裏など気持ちよく伸びるくらいで歩くようにすると、姿勢もよくなり膝への負担も少なくなります。

セルフケアについてのブログ記事も参考にどうぞ。

あなたの長年の頑張りからくる「痛み」「苦しみ」の解決は、残念ながら「すぐに」っていうわけにはいきません。

急にランニング(激しい運動)とかをすると後日筋肉痛が起こる、
準備体操をしないで体育の授業に望むとケガをする。
じっくりコツコツ、あなたが本当に元気になるまでお手伝いいたします。
一緒にトコトン、一緒にコツコツ元気になりましょう。

 当院は、愛知県愛西市にあります小さな整体院です。お気軽にご連絡くださいませ。