意外と膝が痛い人って多い。

当院の2割くらいは膝痛の方もしくは経験者。

原因っていうのはスポーツをしていてっていう人もいれば、階段の上り下りが原因でっていう人もいる。

朝起きたら急に痛くてていう人もちらほら。

なので整体的に膝痛の時にできることをまとめてみました。

膝の痛みと体のゆがみ

膝の痛みはただ単に筋肉組織が傷ついいていたりするのが原因の時もありますが、体のゆがみからきている時も多い。

足の骨は大腿骨があって膝関節があってその下を2本の骨で支えて足首があって・・・・。

膝関節は2本の骨で支えられているので、ゆがみが出やすいんですね。

サッカーやって膝を壊したとか、スキーで無茶してとか。

そういう時は、膝のゆがみが原因かもしれないんですね。

膝関節の正しい動き方の話

膝関節ってそもそもどういう動き方をしているのか知っていますか?

それは、前後にまっすぐ動くようにできているのです。

まっすぐ動くようにできているということは、ねじったりできるように出来ていないということ。

サッカーのドリブルとかでくねくねするじゃないですか?

スキーで内またでいろいろ自分をコントロールしたりするじゃないですか?

実はあの動きは膝に負担がかかる動きなんです。

膝のゆがみの見方のポイント

膝のゆがみの見方のポイントをまとめてみました。

まず膝を曲げましょう。そして、お皿の下のくぼみの左右差があるのわかりませんか?

この時、左右差があるのが膝から下の2本の骨がずれている証拠。

そして、膝の裏に注目。

膝の裏になんかぐりぐりした塊があったらこれも歪んでいる証拠。

ぐりぐりは多分筋肉なんですが、この筋肉がぐりぐりになるくらい負担がかかった日常生活をしているって解釈します。

だいたいの人は、この2つのポイント両方当てはまります。

整体での対処法

膝痛の時の整体での対処法について。

まず膝裏の緊張を取ります。

そのうえで膝関節の調整をして骨盤や股関節や足首の調整をしていきます。

膝関節だけでなく関連する部分の関節も調子していくと、膝痛になりにくい体になっていきます。

まとめ

膝がねじれていると膝痛にもとになります。

膝が痛いときは、慢性な痛みになる前に当院へ相談くださいませ。

お力になれるかもしてませんので(^^♪