どんなこともやってみて判断するのが大切だと思う。

外から見てると簡単そうに見えるものも、ばかばかしそうに見えたりするものも、やってみると全然違ったりする。

ということで、今日は「腕立て伏せ」について書いてみます。

腕立て伏せで鍛える部分

腕立て伏せで鍛える部分は、腕の場合と胸の筋肉の場合があります。

どの筋肉を鍛えたいかによって、フォームが変わってくるので注意してください。

手と手の距離を短くして行うと、たくましい腕になります。

逆に手と手の距離を広めにとると、胸板があつくなります。

腕立て伏せで気を付けること

 

右と左の筋力差がポイントです。

筋力差がある方はどっちかにねじれる傾向にあります。

まずはまっすぐするカタチを意識しましょう。

回数は、少なめがおススメ。

筋力の弱い方の腕が耐えられるくらいの回数をすることで筋力差がだんだん少なくなっていきます。

もし、筋力差がありすぎる人は膝を立てた腕立て伏せがおススメ。

負荷も少なくなってねじりにくくなりますよー。

まとめ

正しい腕立て伏せをすることで、カラダを効率的に鍛えることができます。

そればかりか、ケガの防止にも役立ちます。

参考にしていただけると嬉しいです。