慢性痛の特徴

慢性痛の特徴

慢性的な痛みの特徴 1痛みの原因が明らかでない。 2田鎖品症状を呈する。 3痛みの継続的な機関が長いほど、痛みの原因に関わらず、精神症的な傾向が強くなる。 4痛みの悪循環がある 5一般的な急性痛で用いられるような治療法は効果的でない 痛みの悪循環について 痛みがあることにより、ストレスや不定愁訴を引き起こす。そして免疫力や自律神経のバランスをくずしさらに痛みを引きおこす事。 心因性かどうかの見分け方 痛みに対してうつ症状を伴うケースがある。 そのため、心因性の疾患と勘違いされることが多いので見分け方を紹介します。  ...
痛みとは

痛みとは

痛みとは 一般的に痛みとは警告信号という役割があります。 カラダのどこかに異常があることを教えてくれるアラームとして働いています。 整体では、痛みが生じた部位丹念に調べて、その原因を追究して改善を図るということをしていきます。 国際的な機関の痛みの定義では 「組織の実質ないし潜在的な傷害と関連した、あるいはこのような傷害と関連して述べられる不快な感覚的・情動的体験」 と定められています。 痛みの2つの要素 痛みは2つに分けて考えられます。 1感覚的要素の痛み 組織などが損傷することにより起こる痛みで、損害の大きさと比例して起こる。...